視力低下の原因「コンタクトレンズによる眼障害」

視力回復方法ナビ

視力低下の原因
[コンタクトレンズによる眼障害]


コンタクトレンズの愛用者は全国でおよそ1,500万人いるといわれており、そのうち10人に1人の割合で何らかの眼障害が起こっているという調査結果が発表されています。

コンタクトレンズの装用で起こる眼障害としては、以下のようなデータがあります。

角膜表面に浅い傷ができる「点状混濁」52%
角膜の傷が進行し3層、4層と細胞が脱落する「角膜上皮びらん」12%
角膜の酸欠が原因で、角膜に毛細血管が入り込む「角膜血管侵入傷害」11%
上皮びらんがさらに進行し角膜実質に細菌やカビが感染する「角膜浸潤」「角膜潰瘍」9%

他にも巨大乳頭結膜炎、角膜血管新生、角膜内皮細胞障害、アカントアメーバによる角膜炎、角膜内皮障害、上方角膜上皮弓状病変、点状表層角膜症、ウィルス性結膜炎といった、様々な眼障害が起こる可能性があります。

視力低下の原因に戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.