視力低下の原因「日常生活」

視力回復方法ナビ

視力低下の原因
[日常生活]


直筋が緊張状態に陥ると遠視に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を引き起こすとされています。
近くの物を見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業により、眼に負担をかけることで眼精疲労が引き起こされます。

また、眼に悪い習慣や慢性疲労、全身の衰弱や長期間の心配事、その他にも神経をいらだたせる出来事などの理由で、眼を動かす筋肉が緊張状態になります。
眼筋の緊張は視力低下の原因と言われています。

ひじを突いて本を読んだり、寝転んでテレビを見たりすると、見ている物への距離が左目と右目に差が生じ、視力に左右差が現われます。
ガチャ目になると、片方の眼ばかり使うことになり、視力低下が進行してしまいます。

視力が低下し始めたら、悪い生活習慣を改善するよう努力しましょう。

視力低下の原因に戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.