レーシック「レーシックのメリットとデメリット」

視力回復方法ナビ

レーシック
[レーシックのメリットとデメリット]


■メリット
・眼の負担が軽減され、快適な視力を取り戻せる
効果には個人差がありますが、メガネやコンタクトレンズを着けた時の視力程度まで回復することが可能です。
手術の後、すぐに視力の回復が見られるのが特徴です。

・手術時間が短い
手術時間は両眼で10分から20分と比較的短時間で終わるので、その手軽さが支持されています。

・近視が原因の眼精疲労や肩こりが解消する
裸眼での視力回復により、近視による肩こりや眼鏡やコンタクトレンズ着用による頭痛、違和感を解消する事が出来ます。

・手術の安全性
レーシックを受けるか迷っている人の中に「失明するのではないか」という不安の声がありました。
レーシックは角膜を削るのみで、視神経や目の奥までに作用する手術ではなく、失明したという例は1件もありません。
また、コンピューター制御で手術をしているので、目を多少動かしても追尾し、大きく動いた場合には自動的に停止するようになっています。

■デメリット
・一度削った角膜は二度と元に戻らない
もしも今後、レーシックを上回る100%安全で副作用がない視力回復法が開発された際に、レーシックを受け角膜を削っていた場合は適応外になる・・・ということがあるかもしれません。

・術後の長期的な症例データがない
非常に安全性の高い手術ですが、施術の歴史が浅いので、何十年後に副作用が出ないとは言い切れず長期に渡る安全性の保証ができないのが現状です。

・視力が目標視力に達しない可能性がある
メガネやコンタクトレンズで矯正した視力程度はレーシックによっても出せるというのが一般論ですが、レーシックの効果には個人差があります。

・術後合併症が出る可能性がある
術後しばらくは視力が不安定になったり、ドライアイになりやすい、などの症状が出る場合があります。
時間の経過と共におさまっていきますが、術後数ヶ月間はそのような合併症に悩まされる可能性があります。

レーシックに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.