レーシック「レーシックを受けれない人」

視力回復方法ナビ

レーシック
[レーシックを受けれない人]


・未成年の方
未成年の方は、まだ成長段階であるため視力が不安定です。
そのため、レーシックを受けたとしても視力がすぐに低下する可能性があるのでほとんどの病院(眼科)ではレーシックを受けれない可能性があります。

・高齢者
検査を受けて問題がなければ手術を受けられますが、高齢による老眼の場合はレーシックでは視力を回復することができません。
また、加齢による白内障を起こしている場合も、レーシックを受けられない可能性があります。

・角膜内皮細胞が減少している方
レーザーで角膜を削る為、角膜内皮細胞が減少し、薄くなっている方はレーシックを受ける事が出来ません。

・妊娠中、授乳中の方
薬が服用できないなどの理由により、レーシックを受けることが出来ません。

・その他
花粉症の方などは受けられますが、術後は眼をこすれないので症状が落ち着いている時期の方が良いとされています。

いくつか主な内容を書きましたが、上記に当てはまる方でも医師との相談により、レーシックを受けられる可能性もありますので、まずは病院でご相談ください。
また、反対に病院や医師の判断により、上記に該当しない場合でもレーシックを受けられない場合もあります。

レーシックに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.