レーシック「レーシック(視力矯正レーザー手術)とは」

視力回復方法ナビ

レーシック
[レーシック(視力矯正レーザー手術)とは]


レーシックとは、Laser in Situ Keratomileusisの頭文字を取ってLASIKと呼ばれています。
ギリシャ語でKeratosは「角膜」、Mileusisは「修正する」という意味で、LASIKとは「レーザーで角膜を修正する」という意味になります。

具体的には、エキシマ・レーザーを使い角膜の中央部を削ることにより、角膜の形状を変え屈折率を変化させ、視力を回復させる方法です。

日本では2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマ・レーザーによる矯正手術を認可し、その安全性が確認されました。
メガネ・コンタクトに代わる第三の視力矯正方法として昨今高い注目を集めています。

レーシックに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.