眼球のケア「温冷療法」

視力回復方法ナビ

眼球のケア
[温冷療法]


温湿布は目の血管を拡張し、緩める作用があり、冷湿布は目の血管を収縮させ引き締める作用があります。

作業の合間に目をリラックスさせる目的の時は温湿布を、もう目を使う作業がない時には冷湿布を行ないます。

日常的に、眼球をリラックスさせてあげることで、目の疲れが癒され目に活力が与えられます。
そうすることで眼球の筋肉が弱り難くなるので、視力低下を軽減することができると言えます。

具体的な温湿布のやり方についてはこちらをご覧下さい。
具体的な冷湿布のやり方についてはこちらをご覧下さい。

眼球のケアに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.