視力回復トレーニング「調節力トレーニング」

視力回復方法ナビ

視力回復トレーニング
[調節力トレーニング]


わずかにボヤけているものを注意深く見ることによって、少しづつ目の焦点が合う距離を伸ばしていくトレーニングが調節力トレーニングです。

調節力強化トレーニングの前に言葉の説明を・・・
「焦点距離」という言葉は「はっきり見えるところと焦点がボヤけだすギリギリのところ」という意味です。
この言葉について、認識をあわせたうえでトレーニングをしてみましょう。

1.自分の焦点距離に生け花、果物盛り合わせ等、色とりどりで複雑な形状の物を用意します。
2.焦点距離にある対象物の形状の淵を目でなぞるように注意深く見ます。
3.目を細めないように気をつけ、呼吸を止めないでリラックスします。頻繁にギュッと強く瞬きするようにします。

調節力トレーニングは、3分を目安にして終わったら眼を閉じて休みます。
「3分間トレーニング」「1分間休憩」を1セットとし、2セットくらいを目安にトレーニングしてみましょう。

視力回復トレーニングに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.