視力回復トレーニング「立体視:平行法と交差法」

視力回復方法ナビ

視力回復トレーニング
[立体視:平行法と交差法]


「立体視」という言葉が「3Dマジカル・アイ」という本で眼の筋肉を鍛える方法と して紹介されています。
「3Dマジカル・アイ」という本は特殊な絵が掲載されており、普段と違う目の使い方 (立体視)をすることで絵の中から別の絵が浮かびあがってきたり、絵が立体的に見えたりという面白いものです。

立体視には二つの方法があり、それぞれ平行法と交差法と呼ばれています。
【平行法】
右目で右側の画像を、左目で左側の画像とそれぞれの目でそれぞれ別の画像を見るという平行的な目の使い方をし、画像を立体的にとらえる方法です。
平行法で立体視するときは、目の焦点が立体視専用の画像より先で合うように遠くを眺めるイメージで見ると分かりやすいと思います。

【交差法】
右目で左側の画像を、左目で右側の画像を見ることで視線が画像の前で交差するように見る方法です。
交差法は立体視専用の画像の手前で目の焦点が合うように寄り目がちに見ると分かりやすいと思います。

視力回復トレーニングに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
視力回復方法ナビ
All Rights Reserved.